ご利用規約

ご利用規約

※ご利用規約は予告なく変更する場合があります。フィールドご利用前に必ずご確認お願い致します。

営業時間について

  • 営業時間:AM9:00~PM5:30(フィールド開門時間AM8:30~PM6:00)
  • 定休日?毎週木曜日

※営業時間外の電話対応及びメールの返信は出来ませんので、予めご了承下さい。
メールの返信に関しては翌営業時間内にさせて頂きます。

当フィールドご利用資格

満18歳以上で当フィールド運営スタッフの指示に従い、ルールとマナーを守り楽しく遊べる方。

※外国人の方は当フィールド規約、ルール説明等をご理解できる方に限らせていただきます。
※妊婦の方、心臓疾患・てんかん等の持病をお持ちの方、飲酒・酒気帯びの方、薬物常習の方等のご利用はご遠慮頂きます。

フィールド利用について

  • 当フィールドは定例会及び貸切利用、双方とも事前のご予約が必要となります。
  • ご予約は当フィールドご利用日より1ヶ月前から受付を開始致します。
  • 定例会のエントリー締め切りは2日前、貸し切りのご予約は1週間前といたしております。
  • 貸切でのご予約の際はHPのフィールド予約カレンダーをご確認頂きお手続き下さい。
  • 定例会参加ご希望の方は、定例会予約ページをご確認頂きエントリーをお願い致します。
  • 貸切り利用キャンセルの際はご利用日より1週間前の営業時間までに、お電話及びメールにてご連絡下さい。

キャンセル料金

定例会

2日前の営業時間内 無料
前日/当日のキャンセル 利用料金全額徴収

貸切り予約

ご利用日1週間前 無料
6日前から前日 利用料金の50%徴収
ご利用日当日 利用料金全額徴収

エアーガンに関する規定

当フィールドのパワー規制

  • 電動エアーガン(電動ハンドガン含む)
  • チャージ式ガスガン(ブローバック・固定・ボルトアクション・ショットガン)
  • エアーコッキングガン(ハンドガン・ショットガン)
  • ボルトアクション エアーライフル

※上記のエアーガンは全て0.9ジュール以内、初速95m/sまで。
なお、各自の弾速計の個体差による誤差を考慮して、ゲーム当日の計測では【98,9m/s】までの数値は適合とします。
ただし、誤差を考慮しての許容数値なので【98.9m/s】で調整する事は絶対に止めて下さい。

・数値は全て東京マルイ製パーフェクトヒットベアリングバイオ0.2gを使用した数値になります。
・弾速チェックは適正ホップの状態で計測し、クリアした銃に合格シールを貼らせて頂きます。
・当フィールドで使用出来るエアーガンは弾速チェックを受け合格したもののみになります。
・ゲーム当日フィールド内でエアーガンの分解・調整を行った際、再度弾速チェックを受けて頂きます。

※法定弾速を超えた銃を発見した場合は条例等違反として法的措置を講じさせて頂きます。

使用可能なBB弾及び制限

当フィールドは生分解性バイオBB弾のみ使用可能です。重量は0.3gまでとなります。
8mmBB弾の使用も基本的にはOKとします(0.27gで計測し、初速が85m/sまでとします)

※BB弾は東京マルイ ベアリングバイオ、エクセルバイオBB弾、G&GバイオBB弾等・セミバイオ及びプラスチック弾は使用禁止とします。

安全規則

当フィールドは幹線道路及び近隣に他の施設が密集しており周囲に防護ネットを張っています。
ですが安全面を考え、水平より上方に向けて銃を発射させる行為は厳禁と致します。
故意に防護ネットに向けてBB弾を打ち込んだり、ネットを越えるように銃を発射させる行為を発見した場合、即刻退場して頂きます。

装備品について

  • フィールド内及びシューティングレンジ内では必ずゴーグルを着用し入場して下さい。
  • ゴーグルはフルフェイスタイプ及び完全に目元が覆われるタイプを推奨いたします。
    シューティンググラス等は顔から脱落しない様に処置をして下さい。
  • 負傷事故防止の為に帽子、フェイスガードまたはシュマーグ等で顔を覆えるもの、手袋、エルボーパット、ニーパットの着用を推奨いたします。
  • マガジン等物品は脱落しないよう、個人で処置をして下さい。

当フィールド使用可能アイテム

アイテム名 携行 使用 備考
フラッシュライト 光量・出力の制限は特になし
フルオートトレーサー  
減速ハイダー - ×  
レーザーサイト 出力が規制適合内限定。故意の顔面への照射は厳禁!
ガスハンドグレネード 上投げ禁止!転がすか設置する
クレイモア ゲーム開始後に設置!スタート前設置はNG!!
モスカート スラグ弾は使用禁止!
ナイトビジョン  
サーマルビジョン  
可変レギュレーター 5気圧までの制限付き
固定レギュレーター  
ラバーナイフ × ナイフアタックは禁止です!
ナイフ等刃物 × × 当フィールド内は持込禁止です!

ヒット(死亡)判定

ゲーム中、次のいずれかの項目に該当した参加者を「ヒット(死亡)」とします。

  • フィールド内にある、いかなる銃からでも発射されたBB弾が、直接、間接(跳弾など)を問わず自身の身体、衣服、装備、銃など身につけている全ての部位に着弾したと判断したとき
  • 他の参加者からヒットの自己申告と判断される言動(ヒットコール、デッドマーカーの提示等)を行なったとき
  • ゲーム中にゴーグルを外したとき、外れたとき
  • ゲーム中にマーカーを外したとき、外れたとき
  • 上記の事項いずれかが自身に該当するとき。あるいは自身でその疑いがあると判断したとき
  • 上記の事項いずれかに該当することを現場の運営スタッフから指摘をうけたとき。あるいはその疑いがあると判断されたとき

上のいずれかで「ヒット(死亡)」となった者は自己申告として以下のような行動を伴い、速やかにフィールドから退場して下さい。

  • 大声で「ヒット(別の言葉は無効)」と叫びながら両手を挙げて立ち上がる
  • 銃を両手で高く持ち上げ戦闘に不参加であることを明確にする
  • 夜戦の場合、デッドマーカーを周囲に見えるよう提示する
  • フィールドを出るまでゲームに不参加であることを主張する

フリーズコール、ナイフアタック等は禁止といたします。

ゾンビ行為の禁止

  • 「ヒット」された者は下記にある一切の参加行為を禁止する
    【射撃・通信・敵の位置情報の伝達等の作戦行動、あるいはそれに類似する行為】
    上記に違反する者は理由の如何に問わずゾンビ行為とみなす
    ※ゾンビ行為を目撃した場合、当事者同士で注意をするとトラブルの原因になりますので必ずスタッフまでお知らせください。
  • 悪質なゾンビ行為が発覚したときは、現場の運営スタッフの判断により、注意、警告または追放の措置をとる事が出来る

暴言・暴力行為の禁止

  • 参加者はいかなる場合も他の参加者に対する暴言・暴力行為によって不快感を与えることを一切禁止します。
  • 運営スタッフは上記に違反したと判断できる参加者に対して、注意、警告または追放の措置をとらせて頂きます。

警告および追放処分

  • 運営スタッフは本規約に基づいて警告すべきと判断した者、またはその所属団体に対して、運営スタッフの権限において警告を与えることができます。
  • ゲーム同一開催日に2回の警告が与えられた者および団体は運営スタッフの権限で追放の措置をとります。またその際にフィールド利用料金の返金は一切致しません。
  • 原則として、過去に追放処分を受けた者および団体には当施設の利用、立ち入り等を一切禁止します。

免責事項及び安全対策

BB弾よって攻撃されることはサバイバルゲームの本質であり、被弾に伴うあらゆる負傷及び損害については被弾した参加者の責任とします。

●サバイバルゲームに係る事象について、いかなる場合もゲーム主催者は一切の責任を負いません。また参加者はこれを了承しているものとします。

●参加者は下記の安全対策を実施し、事故、負傷等を未然に防いでいるものとします。

  • ゲーム実施中は安全を確保できるゴーグルを常に着用すること
  • ゲーム参加中の者以外を故意に射撃しないこと
  • 危険と判断されるような行為はしないこと
  • 上記に違反する者を発見した参加者は速やかに当事者を制止し運営スタッフに報告すること
  • ゲームを行なう為の服装は安全確保を最優先すること

●明らかに危険と判断される行為〔刀剣類の使用、火気等の持ち込み、違反銃器等を使用等〕で故意または過失により事件・事故を起こした参加者が発覚した場合は、運営スタッフの判断で即時にゲームを中止し、その行為を起こした参加者に対し法的措置を講じます。

●満18歳未満の方または法的責任を負わない利用者については、貸し切りでのみの利用に限定し、保護責任者が本規約を了承しているものとみなし、その全責任を負うものとし、また、18歳未満の利用者複数人での参加の場合、各個それぞれの保護責任者の同伴で利用できるものとします。

その他特記事項

  • 当フィールド内はゲームフィールド、シューティングレンジ以外での銃等の発射は禁止です。 上記行為を行い他の参加者や施設等の損害を与えた場合、退場、追放処分を講じます。
  • 当フィールド内にある施設「フィールド内部、セーフティエリア、化粧室、シャワー設備、 店舗施設、駐車場、その他施設」に設置しているすべての物品等を破損等損害を与えた者、 団体に対して損害賠償等必要な法的措置を講じます。
  • 当フィールド運営側から貸与した物品(レンタル物品等)を故意に破損等損害を与えた者、 団体に対して損害賠償等必要な法的措置を講じます。
  • 当フィールド内での銃及び装備品等の盗難、紛失、破損については当フィールド運営側は 一切責任を負いません。
  • 当フィールド内での貴重品等の盗難、紛失、破損については当フィールド運営側は 一切責任を負いません。
  • 当フィールド内において車両等の事故、破損等の損害については当フィールド運営側は 一切責任を負いません。
  • 本規定に記載のない突発的事象、その他予測不可能な事象については現場の運営スタッフ の判断に委ねられます。また参加者はそれに従うこととします。